24.03.2017

「読書頻度に関するグローバル調査」 - 毎日、本を読む人は30%

 GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対し本を読む頻度についての調査を実施し、その結果を発表しました。

【概要】
  ・グローバルでは、3割が毎日、本を読むと回答。
  ・毎日、本を読む割合が最も高い国は中国。全く読まない割合が高い国はオランダと韓国。

 世界17カ国の22,000名に本を読む頻度について尋ねたところ、グローバル(17カ国計)では30%が「毎日・ほぼ毎日」本を読んでいることが明らかになりました。「毎日・ほぼ毎日」とした割合が最も高かった国は中国で36%、次いでスペイン、イギリス(32%)となりました。 この一方で「全く読まない」とした人は、グローバルでは6%おり、オランダと韓国では16%に上りました。
 所得層別にこの傾向をみると、 高所得層(上位1/4)では35%が「毎日・ほぼ毎日」本を読むと回答したのに対し、低所得層 (下位1/4)では24%にとどまりました。また、「全く読まない」とした割合は、高所得層では3%であったのに対し低所得層では10%に上りました。相対的には所得の高い人ほどよく本を読んでいるといえます。
  
 日本の状況をみると、 「毎日・ほぼ毎日」が20%、「少なくとも週1回」が24%、「少なくとも月1回」が16%、「ほとんど読まない」が29%、「全く読まない」が11%となりました。「毎日」もしくは「少なくとも週1回」本を読むとした割合を男女別にみると、男性では46%であったのに対し、女性では41%にとどまりました。グローバルでは、男性は57%、女性は60%と女性の方がよく本を読む習慣があり、日本では他の多くの国と異なる傾向が見られました。

 

 GfKは販売実績や消費者の調査を通して、市場の潜在需要やターゲットの特定をサポートしています。本調査に関する17カ国の詳細情報は以下よりご覧いただけます。
http://www.gfk.com/global-studies/global-study-overview/

 

-- 調査概要 --
 調査国: 世界17カ国( アルゼンチン、オーストラリア、 ベルギー、ブラジル、 カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、オランダ、ロシア、韓国、スペイン、イギリス、アメリカ合衆国)
 調査対象: 15歳以上の消費者22,000人
 調査方法: インターネット調査(各国のオンライン人口の構成比にあわせてウェイトバック集計を実施)
 調査時期: 2016年夏

 


<以下より図表付資料をダウンロードいただけます> 
その他のプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

Download (PDF)

Related Products

  • GfK Market Intelligence: Sales Tracking

    世界最大級の小売パネルをもって販売実績(POSデータ)を分析。自社および競合他社の市場シェア、ブランドのパフォーマンスに関するインサイトをお届けします。

    詳細をみる
  • GfK Demand Forecasting

    テクノロジーデバイスに対する現在および将来の需要を理解するための、正確かつタイムリーな売上予測。GfKのPOSデータに、グローバルな知見とローカルな知識を組み合わせてインサイトを提供します。

    詳細をみる
  • GfK Product Catalogs

    家電製品から消費者向け電子機器やIT製品に至る製品のデータをまとめ、ウェブサイトや在庫データベース、ERPシステムなどに向けた製品カタログに変換しています。

    詳細をみる

Insights

View all Insights