Industry Page_FMCG_Hero Image_mirror

加速度的に変化する日用消費財

FMCGの最新動向:どのセグメントが何を買っているのか、なぜ、どのチャネルで、どこで購入しているのかをお知らせします。

変化する業界

加速度的に変化している日用消費財(FMCG)業界は、数多くの懸念に直面しています。現代の急激な変化の時代には、さまざまな勢いで多くの購買客の嗜好を変化させています。予算、安全性、エネルギーに関する懸念が、健康と持続可能性と競合しています。チャネルの観点から見ると、EC販売の食料品シェアは成長を続けており、ヨーロッパでは過去2年間で倍増しています。

原材料費の高騰とサプライチェーンの混乱は、消費者のニーズに応えようと躍起になっているFMCGのリーダーにとって、問題をさらに複雑にしています。

消費者行動の変化にあわせてブランドは適応しなければいけません。そうでなければ、競争に負けるリスクがあります。

13%

FMCGの売上値が2019年に比較して2022年は上昇しています。

50%

食品EC販売の価値シェアが2019年よりも上昇。

28%

のEUの消費者が環境に配慮しており、その数は増加しています。

GfK: 日用消費財ブランドにおける信頼できるパートナーとして

3500を超えるヨーロッパのFMCGブランドが、マーケティングROIを最適化し、市場シェアを拡大するために、ターゲットセグメントは誰か、何を買っているか、その理由は何かといったショッパーに関する360°の視点を得るためにGfKを選択しています。

継続的に収集されたデータとインサイトにより、お客様のビジネスに影響を与えるさまざまな行動の変化を深く理解できます。GfKは、Why to Buyコンセプトの習得を支援し、ブランド、カテゴリー、またターゲットセグメントに適した戦略の支援を行っております。

  • GfKは、測定された購買データ、信頼性の高いショッパーインサイト、コンサルティングの専門知識の3点により、特定のカテゴリーの可能性を支援しています。GfKは、カスタマイズされたショッパー調査によって、特定のニーズに適応し、必要な時に必要なインサイトを提供してくれます。GfKとの緊密で信頼できるパートナーシップは、消費者とショッパーを理解する上で、私たちの成功に貢献しています。 
    Daniel Hottinger,
    Business Development Director CPD, L'Oréal
  • Haribo Austriaは、長年にわたりGfKの「Happy」クライアントです。私たちは、GfKのチーム全体が、私たちのアイデアに対して常にオープンかつ理解ある姿勢で、継続的かつ非常に有能なサポートをしてくれることに感謝しています。必要となるトレーニングは短期間で予定され、役立つ分析はあっという間に設計されます。大小の潜在的な可能性を綿密に追跡することで、市場開拓の達成感を継続的に味わうことができます。私たちはGfKとのさらなる協力関係を楽しみにしています。
    Belinda Zastera,
    Marketing Manager, Haribo
  • Siroperie MeurensがGfKサービスを利用したのはこれが初めてでした。GfKのチームによって提供されたサービスとガイダンスは非常に気配りがあり、忍耐強く、そして何よりもプロフェッショナルなものでした。そのおかげで、すべてが非常にスムーズで快適なものになりました。決められたリードタイムは完全に守られ、提供されたデータは洞察に富み、質的にも優れていました。
    Raphaël Magette,
    Sales Manager, Siroperie Meurens