22.04.2020

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電・IT市場への影響」

GfK Japan(東京:中野区)は、全国の有力家電・ IT 取扱店の販売実績データ等を基に、新型コロナウイルス感染拡大の影響があらわれた2020年2月以降における家電およびIT市場の販売動向を発表した。

【概要】
 ・2020年3月の家電量販店および総合量販店における店頭販売の金額前年比は13%減。一方、インターネット販売は同18%増と急伸
 ・新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ、感染予防対策やテレワークに関連する家電製品の需要が急増

 【家電小売市場】
 足元の2020年3月における家電量販店および総合量販店の店頭販売*1は金額前年比13%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大による不要不急の外出自粛、商業施設の営業時間短縮などが影響を及ぼした。関東・甲信越地区においてはより縮小幅が大きく同15%減となった。特に首都圏で初めて週末の外出自粛要請が出された3/23週の販売は、全国における金額前年比が18%減であったのに対し、関東・甲信越地区は同25%減となり、その後も低調が続いた。店舗の休業や時短営業に加えて、インバウンド需要の減少が首都圏の販売縮小に影響したとみられる。
 一方で、インターネット販売*2における3月の金額前年比は18%増となった。外出自粛により自宅でも購入できる通販の需要が高まった結果、店頭販売とは対照的な動きをみせた。

 【家電量販店店頭の販売動向】
 家電量販店の店頭販売*3における製品カテゴリ別の動向をみると、感染予防対策の需要拡大を背景に、電子体温計や空気清浄機の販売が急伸していることが分かった。
 2月上旬にクルーズ船での集団感染が判明した頃から感染有無を確認するために検温の需要が高まったとみられ、電子体温計の販売本数は2-3月期で前年の3.1倍となった。さらに、一時的な急伸ではあるが2/24週では前年の7.5倍を記録した(図1)。
 空気清浄機の販売台数は2-3月期で前年比18%増となった。成長をけん引したのは加湿機能搭載モデルで、同モデルに絞ると前年比は同39%増となった。例年この時期は花粉対策として購入される場合が多いが、適度な湿度を保つことが感染対策となることから、加湿機能付き空気清浄機の需要が拡大したと考えられる。

 また、2月末に政府からの休校要請が出されて外出自粛のムードが高まる中、調理家電においても需要変動がみられた。3月のホットプレート・たこ焼き器の販売台数は前年比35%増、ホームベーカリーは同22%増となった。家族そろって過ごす時間が増加したことにより、こうした調理家電の需要拡大につながったと考えられる。
 冷凍庫の販売台数も伸長しており、週末の外出自粛要請が出された3/23週は前年の2.9倍、翌週は同4.0倍を記録した。冷凍食品などのまとめ買いにより、これまで以上に保存スペースを必要としている消費者は少なくないようだ。

 さらに、政府による平日の在宅勤務推奨などをうけてテレワークの実施が拡大するにつれ、自宅での仕事に使われるIT製品の販売が伸長している。例えば、オンライン会議へ参加する際に使用されるUSB接続のウェブカメラをみると、3月の販売台数が前年の4.1倍となった。こうした需要増はテレワークを実施する勤労者が多い大都市圏において顕著にみられ、3月のPC用モニタ販売台数は全国で前年比32%増となる中、関東・甲信越地区では同51%増に達した。

 足元では7都府県に出されていた緊急事態宣言が全国へと広がり、外出自粛の気運は益々高まるだろう。全国的にテレワークの利用や在宅時間が増えることで、関連製品の需要は引き続き高水準で推移すると予想される。



◆GfK Japan 無料ウェブセミナーのお知らせ
GfK Japanは、このような非常事態において家電業界におけるメーカーおよび流通各社のビジネスの一助となるべく、「コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」をテーマとした企業向けのウェブセミナーを開催しております。
足元の家電販売状況をより正確に把握いただけるよう、週次や地域別の販売実績データをもってGfK Japanのアナリストよりインサイトをお届けいたします。

GfK Japan 無料ウェブセミナー
「新型コロナウイルスによる家電市場への影響」
https://insights.gfk.com/ja/covid19webinar_recording

 

*1. 全国の有力家電・IT取扱店(家電量販店、総合量販店、カメラ専門店等)の販売実績集計
*2. 統計的な手法に基づきインターネット販売国内市場規模相当に拡大推計
*3. 全国の家電量販店の販売実績集計
*4. 新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料/厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)をもとに作成。クルーズ船乗客等は含まない。

 

 

<以下より図表付資料をダウンロードいただけます> 
その他のプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

Download (PDF)



Latest Press Releases

  • 14.09.2020
    APAC smartphone market value shrunk 20% in first seven months of 2020

    nce robust and thriving, the Asia Pacific smartphone sector which had consistently turned in years of consecutive positive growth, has become a casualty of the COVID-19 pandemic. In January to July 2020, the smartphone market value shrunk by 20 percent to reach just over USD 119 billion—nearly USD 30 billion less than the same period in 2019. Overall, the region’s consumers bought around 329 million smartphones—97 million units fewer than 2019.

    詳細をみる
  • 27.03.2020
    「2019年 音楽ストリーミング配信市場動向」- 再生回数は前年の1.6倍超

    GfK Japanは、主要音楽ストリーミング配信サイトにおける再生実績データを基に、2019年の音楽ストリーミング配信の市場動向を発表した。

    詳細をみる
  • 11.03.2020
    「2019年 ドライブレコーダー販売動向」-市場は引き続き拡大

    GfK Japanは、全国のカー用品店、家電量販店、インターネット通販等の販売実績を基に、国内アフターマーケットにおけるドライブレコーダーの販売動向を発表した。

    詳細をみる
ニュースリリース