01.03.2018

「2017年 ハイレゾ音源ダウンロード市場概況」 - ダウンロード数は前年の1.4倍

 GfKジャパン(東京:中野区)は、主要ハイレゾ音源配信サイトにおけるダウンロード実績集計に基づく「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」※より、2017年のハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。

【概要】
   ・2017年のハイレゾ音源のダウンロードは数量前年比43%増、金額前年比同16%増
   ・トラックのダウンロード数が前年の1.7 倍と大きく拡大

【ハイレゾ音源ダウンロードの広がり】
 2017年のハイレゾ音源のダウンロード市場は、数量前年比43%増、金額前年比16%増と拡大が続いた(図1)。市場のけん引役は引き続きアニメジャンルであったが、2017年はアイドル系やゲーム音楽などもリリースが増え好調に推移した。また、洋楽では12月に「The Beatles」のタイトルが初めてハイレゾ配信された。12月は例年市場が最も盛り上がる月であるが、2017年12月もこうした人気タイトルのリリースが相次ぎ、単月のダウンロード数、金額ともに規模は過去最高となった。
 2017年の市場をフォーマット別にみると、トラック(単曲買い)が特に好調であった。ダウンロード数の前年比は、アルバム(まとめ買い)が5%増であったのに対し、トラック(単曲買い)は72%増を記録した。この結果、フォーマット別構成比ではトラックが数量ベースで68%、金額ベースで28%を占めた(図2)。

 ハードをみると、 2017年のハイレゾ対応ヘッドフォン販売は数量前年比36%増となった。1万円以下の値ごろ感がある製品が販売をけん引しており、同価格帯は数量構成比で前年の50%から59%へ拡大した。
 


※ 「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」概要

■ 提供頻度: 月次
■集計対象音楽配信サイト(2017年12月末時点): e-onkyo music、mora 、mysound、レコチョク
■ 調査内容: ハイレゾ音源ダウンロード数・金額((全体・トラック/アルバム(まとめ買い)別))
一般社団法人日本レコード協会協力のもと、GfKが集計、提供

 

 

<以下より図表付資料をダウンロードいただけます> 
その他のプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

Download (PDF)

Related Products

  • GfK Point of Sales Tracking

    世界最大級の小売パネルをもって販売実績(POSデータ)を分析。自社および競合他社の市場シェア、ブランドのパフォーマンスに関するインサイトをお届けします。

    詳細をみる
  • GfK Demand Forecasting

    テクノロジーデバイスに対する現在および将来の需要を理解するための、正確かつタイムリーな売上予測。GfKのPOSデータに、グローバルな知見とローカルな知識を組み合わせてインサイトを提供します。

    詳細をみる
  • GfK Product Catalogs

    家電製品から消費者向け電子機器やIT製品に至る製品のデータをまとめ、ウェブサイトや在庫データベース、ERPシステムなどに向けた製品カタログに変換しています。

    詳細をみる

Related Insights

  • 28.01.2020

    Infographics

    「GfK 2019年12月の自動車タイヤ・エンジンオイル販売速報」

    2019年12月における自動車タイヤおよびエンジンオイルの販売速報を発表しました。

  • 26.12.2019

    News

    「薄型テレビの販売動向と購入者動向」- 4Kテレビや大画面モデルが市場をけん引し2桁増

    GfK Japanは、家電量販店、総合量販店、インターネット通販における薄型テレビの販売動向と、購入者調査に基づく購入重視点について発表した

  • 20.12.2019

    Events

    【CP+ 2020】CIPA・GfK グローバルマーケットセミナー

    本イベントは開催中止となりました。http://www.cpplus.jp/ーーー2020年2月28日に開催される総合的カメラ映像ショーCP+2020のマーケティングセミナーにてGfKが講演を行います。

View all Insights