logo
search
JA
logo

27.09.2021

GfK 2021年8月の自動車タイヤ・エンジンオイル・バッテリー販売速報

 GfK Japan(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットの販売実績を元に市場規模相当に拡大推計した自動車用タイヤ、エンジンオイル、バッテリーの販売速報を公表した。

■タイヤ

 2021年8月の自動車用タイヤ販売は、本数前年比3%減と低調であった。特に店頭では同6%減と落ち込んだ一方、インターネットでは同1%増とわずかながら前年を上回った。サイズ別の販売動向をみると、最も販売本数の多い155/65/14が、インターネットでの販売急増により本数前年比14%と好調であった。店頭では185/60/15、インターネットでは165/55/15が前年同月から大きく伸長した。タイヤ全体の税抜き平均価格は9,052円と前年同月から3%下落し、店頭、インターネットともに同じ傾向であった。この結果、金額前年比は6%減となり、店頭では8%減、インターネットでは3%減とそれぞれマイナス成長となった。

■エンジンオイル

 2021年8月の自動車用エンジンオイル販売は、販売量(リットル換算)ベースで前年比6%減と低調であった。店頭、インターネット別にみると、店頭では7%減であったことに対し、インターネットでは4%増と堅調であった。粘度別に見たときに最も販売量が多いのは0W-20で、構成比では26%を占めた。ただインターネットでは5W-30の販売が最も多く、5W-40が続く結果となった。1リットル当たりの平均価格は前年同月から3%上昇し738円となった。店頭、インターネットともに前年同月から3%上昇した。この結果、金額前年比は4%減となり、店頭では4%減、インターネットでは8%増であった。

■バッテリー

 2021年8月の自動車用バッテリー販売は、数量前年比0.4%増と横ばいであった。ただ店頭、インターネット別にみると、店頭では6%減と低調であった一方、インターネットでは17%増と好調であった。バッテリーではアイドリングストップ車向け製品の販売が好調で、数量前年比20%増に達し、店頭、インターネットともに2桁成長を遂げた。バッテリー全体の平均価格は12,345円と前年同月から横ばいであったが、店頭販売では4%上昇、インターネット販売では2%下落と対照的であった。この結果、金額前年比は1%増となり、店頭販売では2%減、インターネット販売では14%増であった。

※ タイヤはカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットを集計対象としております。
※ エンジンオイル及びバッテリーはカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットを集計対象としております。

<以下よりpdfをダウンロードいただけます>

その他のプレスリリースはこちらからご覧いただけます。

Related Products

  • gfknewron Predict

    販売動向データや消費者トレンドへのリアルタイムアクセスに加え、AI技術を用いた売上予測やシミュレーション機能を実装。他社より一歩先に行くためのソリューション。

    詳細をみる
  • gfknewron Consumer

    様々な消費者調査の結果からトレンドを掴み、消費者が「どの」製品を「なぜ」買っているのかを把握することが可能に。

    詳細をみる
  • GfK Consumer Life

    変化する消費者の価値観やライフスタイルについて、長期間にわたり実施されているグローバル消費者調査。日本だけでなく、他国の消費者や特定のターゲット層の今と将来についてのインサイトを得られます。

    詳細をみる

Insights

View all Insights