Möchten Sie zur deutschen Seite wechseln?JaNeina
閉じる
Success story

「「かでんりょく」の利用事例」 - HEMSデータを活用した電気代うちわけ診断コンテンツの作成

02.06.2017

株式会社NTTドコモは、同社のサービス「dリビング」において、GfKの「かでんりょく」を利用した電気代のうちわけ診断コンテンツ「電力内訳 by かでんりょく」を2017年5月末に公開しました。


背景・取り組み

電力小売全面自由化の開始以降、多数の小売電気事業者が新規参入しています。これにより、プラン比較サービスや節電対策サイトなど、エネルギー関連サービスも多様化しています。
こうした中、株式会社NTTドコモは、同社のサービス「dリビング※」において、GfKの「かでんりょく」を利用した電気代のうちわけ診断コンテンツ「電力内訳 by かでんりょく」を2017年5月末に公開しました。

同コンテンツの利用者は、毎月の世帯電気代をもとに、家電製品ごとの電気代の目安を把握することができます。
各家電製品の使用方法を見直したり、省エネ性能の優れた製品へ買い替えたりすることで、どれくらい節電・節約につながるかを簡単に知ることができます。


「かでんりょく」とは
家電製品の機能情報(年間消費電力等のカタログスペック値)を把握できるマスターデータベースと、HEMS利用世帯(家庭の電力使用量を可視化する機器およびサービスを利用する世帯)の電力使用量データを掛け合わせることで、世帯属性や家電製品ごとの電気代の目安を算出できるツールです。

  「かでんりょく」 の特徴
 1.簡単な情報入力で、自宅の家電製品の電力使用比率を把握できる
 2.消費電力量から算出した家電ごとの電気代を他者と比較できる

 

 

※dリビング: 家事代行・セキュリティ・育児などライフスタイル全般をサポートするWeb/アプリサービス

 

 PDFのダウンロードはこちら

General