Möchten Sie zur deutschen Seite wechseln?JaNeina
閉じる
Success story
Consumer Goods|Brand and Customer Experience|Japan|Japanese

「ブランド価値向上に効果があるメディアチャネルの特定」

27.09.2016

あるグローバル飲料メーカーは、どのメディアチャネルがブランド価値の向上に最も効果があり、売上の拡大につながるのかを把握したいと考えていました。


課題

あるグローバル飲料メーカーは、どのメディアチャネルがブランド価値の向上に最も効果があり、売上の拡大につながるのかを把握したいと考えていました。


アプローチ
GfKはまず、クライアントがプロモーションを展開したメディアチャネルにおいて、消費者がどの程度ブランドに接触しているかを測定しました。次に、ソーシャルメディアでやりとりされる口コミを収集しました。
そのうえで、各タッチポイントの効果測定を行い、消費者の印象に残り続けるポイントと、他者への推奨行動につながるポイントについて分析しました。

さらに、ブランド評価、使用率、支持率などの主要な評価指標において効果があるタッチポイントを特定して、その結果をもとに、ブランド価値を高め、販売の拡大に貢献する方法を提案しました。

成果
最もパフォーマンスの高いメディアチャネルのタッチポイントが特定されたことで、クライアントはマーケティング予算をより効果的に配分することができました。また、戦略的目標に対してのパフォーマンス測定も可能となり、これらの情報をコミュニケーション戦略のプランニングにも活用することができました。

 

 PDFのダウンロードはこちら

General