Möchten Sie zur deutschen Seite wechseln?JaNeina
閉じる
Success story
Consumer Goods|Japan|Japanese

「ビールブランド販売拡大のためのインストア・ジャーニー調査」

21.07.2016

チェコ共和国の大手ビールメーカーは、GfKのRFIDを使ったソリューションによりハイパーマーケットの来店客全般およびビールカテゴリの購入者が、店内でどのように回遊しているか可視化することができました。


課題

チェコ共和国の大手ビールメーカーは、ハイパーマーケットにおける販売が予測を下回った原因を突き止めたいというニーズを抱えていました。具体的には、店舗レイアウト、中でもビール売り場の棚割が来店客の行動にどう影響しているかについて正確な情報を必要としていました。


アプローチ
GfKは店舗入り口で1,600名をリクルートして、事前インタビューを行いました。買い物中は、電波タグ (RFID) を内蔵したバッジをつけてもらい、店内での動きを把握できるようにしました。買い物後には3,000枚のレシートを集め、データを分析しました。

成果
本調査により、ハイパーマーケットの来店客全般およびビールカテゴリの購入者が、店内でどのように回遊しているか可視化することができました。また、この調査結果を小売店と共有するとともに、共同でカテゴリマネジメントを行っていくためのプラットフォームを提供することができました。これにより下記の成果が期待されています:

・購入者視点による商品ラインナップの整理と、他カテゴリ製品とのクロスプロモーションによる販売拡大
・ビールカテゴリーにおけるリーダーおよびエキスパートとしてのポジショニング確立
・インストア・ジャーニーを共有することによる小売店との関係性強化


 

 PDFのダウンロードはこちら

Yoko Nitobe
Japan
General