Möchten Sie zur deutschen Seite wechseln?JaNeina
閉じる
Smart Automotive Insights image

スマート・インサイト:金融サービス

金融サービス業界の市場勢力図は大きく広がっています。消費者から信頼を得ることができるかが極めて重要な課題です。消費者はすぐにオンラインでユーザーレビューを確認し、金融商品を比較し、簡単にサービスを切り替えます。必然的にこれまで以上に知識が豊富になり、厳しい要求をするようになっています。

 

金融業界で成功を収めている企業は、さまざまな顧客ニーズを満たす差別化された製品とサービスを提供しています。また、透明性とクライアントの情報セキュリティーを向上させることで信頼を高めています。

 

GfKの金融サービス調査のエキスパートは、市場動向の分析から消費者インサイトを見いだします。そして、実を結ぶ金融商品およびサービス戦略の開発を支援します。  

Financial Talk ニュースレター

Financial Talk ニュースレターで最新インサイトを紹介しています。

Solutions
  • ブランド&カスタマー・エクスペリエンス (BaCE)

    ブランド&カスタマー・エクスペリエンス (BaCE)

    ブランドには今、消費者や企業の経営層との間に感情面でのつながりや関係性を築くことが求められています。

    消費者がブランド、製品、サービスを体験するあらゆる段階で、ターゲット層の共感を呼ぶエクスペリエンスを提供することが成功の鍵です。

  • コンシューマーパネル

    コンシューマーパネル

    ビジネスにおいて最も重要なのはお客さまです。顧客を理解することは、ニーズを満たす製品やサービスを提供し、成長機会を特定する上で欠かせません。

    グローバル消費者パネル調査の知識を豊富に有するGfKは、ターゲット層が誰で、彼らが何を考え、どのような行動をとっているか、というインサイトをあらゆるチャネルで提供します。

  • デジタルマーケティング・インテリジェンス(DMI)

    デジタルマーケティング・インテリジェンス(DMI)

    オンライン上での買い物や情報収集で企業やブランドと関わりを持つ際、消費者は使用している端末や画面によって異なった行動をとります。一方で、彼らは使用しているチャネルや端末に関係なく、同じ体験を得たいと考えています。

  • マーケット・オポチュニティ&イノベーション (MOI)

    マーケット・オポチュニティ&イノベーション (MOI)

    市場競争が激しさを増す中、ブランドは常に高い影響力を発揮するよう迫られています。消費者とブランドの双方にとって付加価値を生む魅力的なエクスペリエンスをいつ、どこで、どのように提供すべきか。これらを把握することが重要です。

  • ショッパー

    ショッパー

    デジタル時代の到来で、新たな購入経路が次々と生まれています。そして、人々が買い物をする場所と方法は変化しています。毎日の膨大な情報量の中で、消費者はマルチチャネルのブランド・エクスペリエンスを求めています。

    このようなビッグデータ、マルチチャネル環境において競争力を維持するために、企業は購入経路における有用なデータを特定し、ショッパー・ジャーニーの各ステップを最適化する必要があります。

  • ユーザー・エクスペリエンス(UX)

    ユーザー・エクスペリエンス(UX)

    今日の消費者には、魅力的な体験を約束する案内が大量に送られてきます。消費者の目は肥え、求める内容も厳しくなっています。このような状況下で成功するためには、新しい製品やサービスは直観的で使いやすく、興味をひく魅力的なものでなくてはなりません。記憶に残るユーザー・エクスペリエンスは、感情に訴えかけるものでなくてはなりません。

    GfK のユーザー・エクスペリエンス (UX)のエキスパートは、製品やサービスのカスタマー・エクスペリエンスを構築し、改善します。

最新インサイト

最新の金融サービスのインサイトはこちらからご覧いただけます。 View all insights

    • 09/24/15
    • Financial Services
    • Market Opportunities and Innovation
    • Japan
    • Japanese

    「定年退職後の生活資金確保に関するグローバル意識調査」

    GfK19の国と地域、23,000人に対し、定年退職後の生活資金確保に対する自信の度合いを調査し、その結果を発表しました。
    • 10/26/17
    • Press
    • Financial Services
    • Trends and Forecasting
    • Global
    • English

    Consumer climate falls slightly in Germany

    GfK forecasts a slight decrease in consumer climate for November of 0.1 points in comparison to the previous month to 10.7 points.
    • 10/18/17
    • Financial Services
    • Public Services
    • Global
    • English

    EU consumer confidence at highest level in over nine years

    Consumer sentiment within the EU 28 has continued its upward trend in the third quarter of this year, finishing on 20.9 points. 
    • 09/28/17
    • Financial Services
    • Automotive
    • Market Opportunities and Innovation
    • Trends and Forecasting
    • Global
    • English

    What impact is renewal transparency having on the British motor insurance market?

    Premium Drivers

    If you have renewed your motor insurance recently you may have noticed that the price your insurer has asked you to pay has probably increased. A combination of higher Insurance Premium Tax (rates have doubled over the past two years), bigger injury pay-outs and rising vehicle repair costs mean that motor insurance prices are now at an all-time high. Even for those of us savvy enough to shop around and switch provider, prices have also typically risen, despite the fact that the market remains as competitive as ever. However, it still generally pays to switch, as the vast majority of motor insurance providers are still willing to chase new business and therefore many still offer introductory discounts. Given this, it is somewhat concerning that, according to GfK’s Financial Research Survey (FRS), that the number of drivers who do switch has remained basically unchanged compared to four years ago. The number has held steady at around a quarter of drivers. So it would seem that many drivers don’t know, don’t consider, or just can’t be bothered, to change provider, despite the rising prices.

    Motor insurance renewal transparency: early signs of increased shopping around

    But there are tentative signs that this might be changing. Since April 2017, insurance providers have had to disclose prior year premiums on renewal notices. These new rules mandated by the FCA allow customers to compare more easily what they paid last year versus what they may pay this year, if they remain with the same provider. Early signs suggest renewal transparency has helped encourage greater levels of shopping around but this hasn’t so far translated into actual switching. According to the FRS, the proportion of drivers who “actively renew” their motor insurance (renew but take out at least one quote) has grown and now stands at 29%, the highest-ever level. In addition, a high proportion of those who have switched in the last 12 months also state that they are likely to switch again. On the other hand, large numbers are still auto-renewing on their motor insurance, particularly across older age groups where auto renewal rates remain stubbornly high at over 45%. For these customers, renewal transparency rules mean that providers must now also include additional disclosures on renewal notices explicitly encouraging people to shop around. Overall, I think renewal transparency has definitely been a useful step forward in making the motor insurance market more consumer friendly, and it will be interesting to see if it helps encourage greater levels of switching in the months ahead. If you would like more data, please contact me.

    The Financial Research Survey (FRS) is one of the largest and longest running surveys tracking personal financial holdings and behaviours and is considered the industry benchmark within the British financial industry

お問い合わせ
General