本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります

Möchten Sie zur deutschen Seite wechseln?JaNeina
閉じる
Smart Automotive Insights image

スマート・インサイト: 生活家電

生活家電市場は 3 つの課題に直面しています:

 

§  情報収集や販売チャネルとしてのインターネットの重要性の増加と小売りのオムニチャネル化。

§  イノベーションの加速と「スマートホーム」や「スマート家電」等のトレンドに対する課題の多様化。

§  競争市場におけるブランドパフォーマンスの向上。

 

生活家電メーカーおよび小売店は、変化している市場と安定している市場を見極め、消費者の購買に対する影響を把握する必要があります。

 

GfKのエキスパートは、POSトラッキング調査やその他の革新的な調査を基に、多岐にわたるデータセットをグローバルスケールで組み合わせ、インサイトを導き出します。 そして消費者がブランド、製品、サービスを体験するあらゆるタッチポイントについて明らかにします。

 

GfK生活家電市場において競争力を最大化する方法を特定し、貴社を支援します。

Appliances Talk ニュースレター

Appliances Talk ニュースレターで最新の業界インサイトやトレンドを配信しています。

最新インサイト

最新の生活家電のインサイトはこちらからご覧いただけます。 View all insights

Solutions
  • ブランド&カスタマー・エクスペリエンス (BaCE)

    ブランド&カスタマー・エクスペリエンス (BaCE)

    ブランドには今、消費者や企業の経営層との間に感情面でのつながりや関係性を築くことが求められています。

    消費者がブランド、製品、サービスを体験するあらゆる段階で、ターゲット層の共感を呼ぶエクスペリエンスを提供することが成功の鍵です。

  • コンシューマーパネル

    コンシューマーパネル

    ビジネスにおいて最も重要なのはお客さまです。顧客を理解することは、ニーズを満たす製品やサービスを提供し、成長機会を特定する上で欠かせません。

    グローバル消費者パネル調査の知識を豊富に有するGfKは、ターゲット層が誰で、彼らが何を考え、どのような行動をとっているか、というインサイトをあらゆるチャネルで提供します。

  • デジタルマーケティング・インテリジェンス(DMI)

    デジタルマーケティング・インテリジェンス(DMI)

    オンライン上での買い物や情報収集で企業やブランドと関わりを持つ際、消費者は使用している端末や画面によって異なった行動をとります。一方で、彼らは使用しているチャネルや端末に関係なく、同じ体験を得たいと考えています。

  • POSトラッキング(小売店パネル調査)

    POSトラッキング(小売店パネル調査)

    売上と利益を最大化する製品・サービスを開発し、顧客のリピート率を高めることが小売店およびメーカーの命題となっています。

    最新の販売実績データにより、市場でどの製品・サービスが好調なのか、あるいは不調なのかを理解することが、成功の鍵です。こうした知識は、企業が売り上げの増加や投資の効率化を図る上で欠かせません。

  • マーケット・オポチュニティ&イノベーション (MOI)

    マーケット・オポチュニティ&イノベーション (MOI)

    市場競争が激しさを増す中、ブランドは常に高い影響力を発揮するよう迫られています。消費者とブランドの双方にとって付加価値を生む魅力的なエクスペリエンスをいつ、どこで、どのように提供すべきか。これらを把握することが重要です。

  • ショッパー

    ショッパー

    デジタル時代の到来で、新たな購入経路が次々と生まれています。そして、人々が買い物をする場所と方法は変化しています。毎日の膨大な情報量の中で、消費者はマルチチャネルのブランド・エクスペリエンスを求めています。

    このようなビッグデータ、マルチチャネル環境において競争力を維持するために、企業は購入経路における有用なデータを特定し、ショッパー・ジャーニーの各ステップを最適化する必要があります。

  • ユーザー・エクスペリエンス(UX)

    ユーザー・エクスペリエンス(UX)

    今日の消費者には、魅力的な体験を約束する案内が大量に送られてきます。消費者の目は肥え、求める内容も厳しくなっています。このような状況下で成功するためには、新しい製品やサービスは直観的で使いやすく、興味をひく魅力的なものでなくてはなりません。記憶に残るユーザー・エクスペリエンスは、感情に訴えかけるものでなくてはなりません。

    GfK のユーザー・エクスペリエンス (UX)のエキスパートは、製品やサービスのカスタマー・エクスペリエンスを構築し、改善します。

お問い合わせ
Kiminori Hayashi
Japan